タグ:ライカ ( 3 ) タグの人気記事
色は私が決める。 機械が決めるんじゃない。
f0085650_7415218.jpg
















多摩川の土手に出てみたら、一面のだいこんの花、花、花。

夢中になって撮って、ネガフィルム1本分を花で消化し、
そのまま駅前のDPEステーションに出してみた。

何も考えないままに…

ところが、色が変。
M被りしてるし、暗い。

使い慣れないツァイスのせいか、Centuria(コニカミノルタ)のせいか、
と勘ぐってみたけれど、心当たりがイマイチない。
写真を見せた友人がそこへ一言。

「DPEステーションの機械のせいじゃない?」と。

もう、 あっ。

って感じだった(笑)。

DPEステーションでは、すべてが自動化。で、出しっぱ。
ハイキーな写真を撮ったつもりが、自動補正のせいで、
すべてがおかしな方向へ転んだのだと思う。

いつもだったら偶然の産物のそのあたりを楽しむところなのだが、
今回はなんだか、撮影時に出来上がっていたイメージとの違和感がぬぐえなくて、
その色や明るさに納得がいかなかった。

昔はそれでも気にならなかった。
写真をとったらDPEステーションに持っていくのが当たり前だった。

写真を撮る以上、リタッチャーとして仕事をしている以上、
色は私が決める。機械が決めるんじゃない。

自分の写真には不用意でいてはいけないのだと、恥ずかしくも学んだ出来事だった。
[PR]
by fotalk | 2007-04-28 07:42 | 雑記
日中シンクロクラブ
昨年7月に女子ライカ部の活動を書き込んだのだが、
あの会はあれっきりで、休眠状態に陥ってしまった。
諸事情があってのことなのだが、
今はまた本家、雑誌PHaT Photoだけでのお楽しみとなっている。

だからというわけではないのだが、少し前に
「日中シンクロクラブ」という部活を始めた。

というと必ず「え、シンクロ(ナイズドスイミング)始めたの?」
と聞き返す人がいるので、あらかじめごく簡単に説明すると、

昼間の明るい時間に、日差しのあるの中で行うストロボ撮影技術

のことを、日中シンクロ撮影と呼んでいる。
日中シンクロクラブは、その技術に特化した部活なのである。

記念すべき第1回は、決定的な失敗をした。
先生と私。しかいないのだ。

あれ、モデルは?

しかたがないので、しょっぱい顔をした先生を立たせて撮影をする。

ちなみに、先生は知人の写真展で知り合ったフリーの写真家風物書きである。
その先生がヤワな男で、
北風が寒い、とすぐに泣きそうな顔をしたので、
私は仕方なく、乾風に揺れる先生ご自慢のLeica M8を撮影することにした。

f0085650_0105995.jpg

















日中シンクロの技術は、人物に用いることが多いが、
無機質な物体でも、なかなかよい趣が得られることがわかった。

ちなみに、M8は早々にバッテリー切れとなっていたので、
被写体としてしか存在意義はなかったはずだ、、と言い訳。
我ながら、Leicaの扱いとしては、かなり酷い方なのではないかと思う。
そんな自分は、女子ライカ部員の末席にもおいてもらえないのではないかと密かに危惧している。

初回と言うこともあり、先生はまじめに「授業」をしてくれた。
でも実は、日中シンクロクラブの会合は、
特別な撮影なんてしなくてもいいと思っている。

シンクロナイズドでも、シンクロニシティでも、なんのシンクでもよい。
魔訶不思議な出会いと盛り上がりの中で、何かと何かがSyncすればよいのだ。

先生、暖かくなってきたので、もうそろそろ次回を。
今度は誰かがモデルになれる3人以上でやりましょう。

日中シンクロクラブは、日が沈むと「スローシンクロクラブ」に切り替わる。
主に居酒屋でゆるゆるとシンクロする会、
などでは決してないと、あまり言い切れないのは先生のせい…

 
[PR]
by fotalk | 2007-04-06 23:34 | 雑記
ライカを持っていい女
f0085650_131319.jpg


土曜日は女子ライカ部の佃撮影会へ。
私は発足直後から仮入部中。だってライカ持ってないんだもん。

女子ライカ部は、写真家&文筆家の田中チョートク氏の連載から生まれちゃったホンモノの部活。
雑誌PHatPHOTOに掲載されている。

るるる部長の行動力とライカ愛には頭が下がる。
チョートク氏を教授に、テラウチ氏を校長にというのは理解できるが、
助教授や宴会部長などに超豪華著名人たちを引き込んでしまった。

ファーストカメラがどうしてライカなんだ、なぜそこまでライカなんだと、
彼女に会うたびに問いかけたくなってしまう。
部活のモットーは「ライカを持っていい女」。
私は彼女の運の強さと芯の強さにかなわない気がしている。

広島と高知からの参加者がいた。
簡単に言えば、撮って、飲む。だけの会に、彼女達は一泊で上京したのだという。

ライカを持つ女性は、どこか違う。大胆である。
そこがライカ的いい女の基準なのかもしれない。

しかし、私にとっては不ウンな一日だった。

月島で犬の糞を踏んだ。

撮影しようとGR-Dをかばんから出したら、液晶が割れていた。

もうひとつのD200も、突然ストラップがはずれ、
アローカメラの買取名人がキャッチしてくれなかったら床に激突していた。
あぶなく買取られるところだった。

ライカを持たずに参加したからかもしれない。


人気ランキングへ
(写真はGR-DのSDカードに残っていたもの。)
[PR]
by fotalk | 2006-07-03 02:28